グリッドブラシエンジン

../../../_images/gridbrush.svg

グリッドブラシはグリッド状に図形を描いていきます。レトロ効果やハーフトーン効果の生産に役立ちます。

スナップグリッドを設定する場合には、Grids and Guides Docker を参照してください。

ブラシのサイズ

ブラシの横幅

グリッド領域の横幅。

ブラシの縦幅

グリッド領域の横幅。

ブラシの分割数

グリッド領域をサブグリッドに分割して、パーティクルを描きます。

筆圧で分割数を変化させる

強く押すほどサブグリッド数が増加します。この時、ブラシの分割数の値がサブグリッド数の最大値となります。

倍率

グリッド領域を拡大縮小します。

グリッドの点を横列に分離する帯の幅

パーティクル空間に縦線を強制的に導入します。その際、縦線が入る場所に本来存在していた粒子は押し分けられます。

グリッドの点を縦列に分離する帯の幅

パーティクル空間に横線を強制的に導入します。その際、横線が入る場所に本来存在していた粒子は押し分けられます。

幅をランダム化

設定した最大値を使って線の値をランダム化します。

グリッド内の点の形状

パーティクル形状を決定します。

楕円

領域を楕円で埋めます。

矩形

塗りつぶします。

線のスタイル

左下から右上に向かって線を引きます。

ピクセル

高分解能でのエイリアス線のように見えます

アンチエイリアス付きピクセル

領域を少しのポリゴンで埋めます。

色のオプション

HSV をランダム化

HSV をスライダー値によってランダム化します。値が高いほど前景色から時計回りあるいは反時計回りへの揺らぎが大きい色となります。

不透明度をランダム化

不透明度をランダム化します。

粒子ごとに色を設定

領域ではなくパーティクル単位で色オプションを設定します。

下のレイヤーから色を採取

前景色を使うのではなく、下にあるレイヤーの色を参照して使用します。

背景色で粒子の背景を塗りつぶす

パーティクルを描画する前にパーティクル領域を背景色で埋めます。

背景色との混色で粒子の色を塗る

背景色/入力色/ランダムHSV/背景色の色をランダムにパーティクルに与えます。