インストール

Windows

Windows users can download Krita from the website, the Windows Store, or Steam. The versions on the Store and Steam cost money, but are functionally identical to the (free) website version. Unlike the website version, however, both paid versions get automatic updates when new versions of Krita comes out. After deduction of the Store fee, the purchase cost supports Krita development.

ウェブサイト:

最新のバージョンは常に ウェブサイト で公開されています。

このページは正しいアーキテクチャ(64ビットか32ビット)を自動検出して表示しますが、"すべてのダウンロード可能なバージョン"から違う選択肢を選ぶこともできます。ご自身でコンピュータのアーキテクチャを調べるには、設定 ‣ Krita について を開いてください。デバイス仕様システムタイプ に表示されています。

Krita by default downloads an installer EXE, but you can also download a portable ZIP file version instead. Unlike the installer version, this portable version does not show previews in Windows Explorer automatically. To get these previews with the portable version, also install Krita's Windows Shell Extension (available on the download page).

またファイルは KDE download directory にも置いてあります。

Windows ストア:

少しの手数料で、Windows ストア から Krita をダウンロードできます。このバージョンには Windows 10 が必要です。

Steam:

少しの手数料で、Steam からも Krita をダウンロードできます。

Epic Store

For a small fee, you can also download Krita from the Epic Store.

Krita のポータブル版をダウンロードするには KDE のダウンロードディレクトリから、setup.exe インストーラの代わりに ZIP ファイルをダウンロードしてください。

注釈

Krita requires Windows 8.1 or newer. The Store version requires Windows 10.

Linux

Many Linux distributions package the latest version of Krita. Sometimes you will have to enable an extra repository. Krita runs fine under most desktop environments such as KDE, Gnome, LXDE, Xfce etc. -- even though it is a KDE application and needs the KDE libraries. You might also want to install the KDE system settings module and tweak the GUI theme and fonts used, depending on your distributions.

Nautilus/Nemo ファイル拡張

Since April 2016, KDE's Dolphin file manager shows KRA and ORA thumbnails by default, but Nautilus and its derivatives need an extension. We recommend Moritz Molch's extensions for XCF, KRA, ORA and PSD thumbnails.

AppImages

For Krita 3.0 and later, first try out the AppImage from the website. 90% of the time this is by far the easiest way to get the latest Krita. Just download the AppImage, and then use the file properties or the bash command chmod to make the AppImage executable. Double-click it, and enjoy Krita. (Or run it in the terminal with ./appimagename.appimage)

  • Open the terminal into the folder you have the AppImage.

  • 起動可能にする:

chmod a+x krita-3.0-x86_64.appimage
  • Krita を実行!

./krita-3.0-x86_64.appimage

AppImages are ISOs with all the necessary libraries bundled inside, that means no fiddling with repositories and dependencies, at the cost of a slight bit more disk space taken up (And this size would only be bigger if you were using Plasma to begin with).

Ubuntu と Kubuntu

It does not matter which version of Ubuntu you use, Krita will run just fine. However, by default, only a very old version of Krita is available. You should either use the AppImage, Flatpak or the Snap available from Ubuntu's app store. We also maintain a PPA for getting the latest builds of Krita, you can read more about the PPA and install instructions here.

OpenSUSE

最新の安定版が KDE:Extra repo: で利用できます。

注釈

Krita はまた公式リポにもあり、Yast からインストールできます。

Fedora

Krita は公式リポにあり、packagekit (Add/Remove Software) を使用してインストールするか、次のコマンドをターミナルってください。

dnf install krita

Gnome ソフトウェアセンターや Discover といったソフトウェアセンターを使うことで Krita をインストールすることもできます。

Debian

Debian で使える最新版の Krita は3.1.1です。インストールするには次のコマンドをターミナルでタイプしてください:

apt install krita

Arch

Arch Linux は Krita パッケージを Extra リポジトリで提供しています。次のコマンドで Krita をインストールします:

pacman -S krita

You can also find Krita pkgbuild in arch user repositories, but it is not guaranteed to contain the latest git version.

Flatpak

We also have Flatpak for nightlies and stable builds, these builds are not maintained by the core developers themselves. You can either get the builds from the KDE community website or from the Flathub Maintainers. The KDE community website only offers nightly builds of Flatpak.

To install Flatpak build from the software center just open the Flatpakrepo files with Discover or the software center provided by your distribution:

After adding one of the above repos you can then search for Krita and the software center will show you the Flatpak version for installation.

If you prefer doing it from terminal you can use the following commands to install Krita's Flatpak build

KDE Flatpak リポには:

flatpak --user remote-add --if-not-exists kdeapps --from https://distribute.kde.org/kdeapps.flatpakrepo

flatpak --user install kdeapps org.kde.krita-nightly

Flathub リポからインストールするには:

flatpak --user remote-add --if-not-exists flathub https://flathub.org/repo/flathub.flatpakrepo

flatpak --user install flathub org.kde.krita

Snaps

There are snap packages provided by the Ubuntu snap developers, these are generally not up to date. The Krita Developers do not provide or build the snap packages themselves. To install Krita as a snap package, first install snapd application. Snapd is installed by default on Ubuntu distributions.

If you are on Ubuntu distribution then Krita's snap package may show up in the software center, or you can run the following command in terminal

sudo snap install krita

注釈

Flatpak と Snap ビルドは Krita のメインの開発者によるテストはされておらず、これらからインストールされた Krita を実行中にバグに遭遇するかもしれません。

macOS

You can download the latest binary from our website. The binaries work only with macOS version 10.12 and newer.

ソース

既成のビルドされたパッケージからインストールするよりソースから Krita をコンパイルする方が間違いなく難しいものの、それだけのことをする価値があるであろうメリットが存在します:

  • Krita 開発を追いかけられます。もし開発リポジトリから定期的にコンパイルすれば、開発中のすべての新機能を試してみることができます。

  • ご自身のプロセッサ向けに最適化できます。ほとんどの既成パッケージは最も使われるであろう最低限のものに合わせてビルドしてあります。

  • またバグ修正も一番早く手に入れることができます。

  • You can help the developers by giving us your feedback on features as they are being developed, and you can test bug fixes for us. This is hugely important, which is why our regular testers get their name in the about box just like developers.

もちろん、いくつかのデメリットもあります: 現在の開発ソースリポジトリからビルトすると未完了の機能もすべて手に入れることになります。おそらく安定性を少し失うものか、UI にも現れずに動かないものも含まれます。でも実際本当に不安定になるのはまれで、もしそうなら動く版に戻るのも簡単でしょう。

それで... もしソースからコンパイルしたいなら、ここ のガイドにある最新版用のビルド説明から始めてください。

もし問題があったり、ソフトをコンパイルするのが初めてなら Krita の開発者にコンタクトを取ることを躊躇わないでください。メインで使われている3つのチャンネルがあります: