レイヤーとマスクの紹介

Krita は絵の部分や要素をより操作しやすくするレイヤーをサポートしています。

Think of an artwork or collage made with various stacks of papers with some papers cut such that they show the paper beneath them while some hide what's beneath them. If you want to replace an element in the artwork, you replace that piece of paper instead of drawing the entire thing. In Krita instead of papers we use Layers. Layers are part of the document which may or may not be transparent, they may be smaller or bigger than the document itself, they can arrange one above other, named and grouped.

レイヤーでアートの取り扱いが良くなり、例えば分けた色レイヤーの上に位置する輪郭線を壊すことなく、色レイヤーに作業をすることによって絵全体を壊すことなく塗り直しができます。

個々のレイヤーを編集し、レイヤースタイルや合成モード、透過、フィルタや変形といった特別な効果を追加することができます。Krita は特殊効果を含むそれらすべてをレイヤーの並びに格納し、まとめて組み合わせて合成して最後の画像にします。これは Krita が明かすたくさんのデジタル画像編集技術の一つに過ぎません!

通常ペイントレイヤーを上に置く時、上のペイントレイヤーは完全に見えていて、下のレイヤーは被さっているかぼやけているか、一部分しか見えません。

レイヤー管理

Some artists draw with limited number of layers, but some prefer to have different elements of the artwork on separate layer. Krita has some good layer management features which make the layer management task easy.

You can group layers and organize the elements of your artwork.

ドラッグとドロップすることでレイヤーの並びを替えたりグループの中へ出し入れすることができます。レイヤーはまた サブウィンドウモード にあればドラッグアンドドロップすることでドキュメント間でコピーすることができます。

これらの機能は時間を節約し、同一のファイルで同じ作業をするアーティストがレイヤーのあるファイルの管理や理解の助けにもなります。さらにこれらレイヤーとグループはどちらも色を付けてフィルタでき、アーティストが視覚的に区別することにもなります。

To assign a color label to your layer or layer group you have to mouseright on the layer and choose one of the given colors from the context menu. To remove an already existing color label you can click on the 'x' marked box in the context menu.

../_images/Layer-color-filters.png

Once you assign color labels to your layers, you can then filter layers having similar color label by clicking on one or more colors in the list from the drop-down situated in the top-right corner of the layer docker.

../_images/Layer-color-filters-menu.png

バージョン 5.0 で追加: You can also use this dropdown to filter the layers by layer name.

レイヤータイプ

../_images/500px-Krita-types-of-layers.png

上の画像は レイヤードッカー の様々なレイヤーのタイプを表しています。それぞれのレイヤータイプには違う目的があり、例えばベクター関係すべてはベクターレイヤーのみに置くことができ、同様に通常のラスター要素はほぼペイントレイヤーに置くことになります。レイヤーとマスク ページにこれらのタイプのレイヤーについてより詳しい情報があります。

ではこれらのレイヤーが Krita でどのように合成されるのか見てみましょう。

How are layers composited in Krita?

In Krita, the visible layers form a composite image which is shown on the canvas. The order in which Krita composites the layers is from bottom to top, much like the stack of papers we discussed above. As we continue adding layers, the image we see changes, according to the properties of the newly added layers on top.

Group Layers composite separately from the other layers in the stack, except when pass through mode is activated. The layers inside a group form a composite image first and then this composite is taken into consideration while the layer stack is composited to form a whole image. If the pass through mode is activated by pressing the icon similar to bricked wall, the layers within the group are considered as if they are outside that particular group in the layer stack, however, the visibility of the layers in a group depends on the visibility of the group.

../_images/Passthrough-mode_.png ../_images/Layer-composite.png

Photoshop で保存した PSD ファイルのグループは、他の合成モードと特に指定して設定しない限り、パススルーモードが既定です。

アルファやクリッピングレイヤーの継承

Krita にはアルファ継承と呼ばれるクリッピング機能があります。レイヤー並びのアルファアイコンです。

../_images/Inherit-alpha-02.png

It can be somewhat hard to figure out how the inherit alpha feature works in Krita for the first time. Once you click on the inherit alpha icon on the layer stack, the pixels of the layer you are painting on are confined to the combined pixel area of all the layers below it. That means if you have the default white background layer as first layer, clicking on the inherit alpha icon and painting on any layer above will seem to have no effect as the entire canvas is filled with white. Hence, it is advised to put the base layer that you want the pixels to clip in a group layer. As mentioned above, group layers are composited separately, hence the layer which is the lowest layer in a group becomes the bounding layer and the content of the layers above this layer clips to it if inherit alpha is enabled.

../_images/Inherit-alpha-krita.jpg ../_images/Krita-tutorial2-I.1-2.png

またアルファ継承をグループレイヤーに適用することもできます。

マスクとフィルタ

Krita はレイヤーの非破壊編集をサポートしています。非破壊での編集とはつまりレイヤーや画像を元々あったものを永久に変えることなく編集や変更することで、変更は元の画像に触れずフィルタやマスクをかけるにとどまり、戻ってはやり直す必要がある作業内容にはかなり有用です。元の画像にはボタンのクリックで戻れます。ただ画像のフィルタやマスクを隠すだけです。

フィルタマスクか、画像全体に影響するフィルタレイヤーを追加することで様々なフィルタをレイヤーに追加できます。レイヤーはまた変形マスクを使って非破壊で変形でき、透過マスクで一時的に目隠しができます。これらのような非破壊の効果は後で考えが変わったり、画像の差分を作る必要がある時にはとても有用です。

注釈

レイヤー ‣ 選択 ‣ 表示レイヤー からすべてを選択し、レイヤー ‣ 下のレイヤーと統合 ですべてを合わせることですることで、全表示レイヤーを統合することができます。

These filters and masks are accessible through the right-click menu (as shown in the image below) and the Plus icon on the layer docker.

../_images/Layer-right-click.png

またフィルタダイアログ自体からフィルタをマスクとして追加することもでき、それには フィルタマスクを作る ボタンをクリックします。

../_images/Filtermask-button.png

すべてのフィルタとマスクはグループにも適用させることができ、非破壊の編集を複数レイヤーに一度に簡単にすることができます。レイヤーとマスクカテゴリ でレイヤーとマスクの個々のタイプについて読むことができます。

レイヤードッカー にショートカットと他のレイヤーの扱いに関してより詳しい情報があります。