お絵描きアシスト

直線や円を描く補助をするアシストの仕組みです。

目安の形としても、フリーハンドブラシでスナップするところとしても機能します。フリーハンドブラシのツールオプションで 補助線にスナップ をオンにすることでスナップできます。

Krita の消失点アシストを使ってみたところ。

Krita の消失点アシストを使ってみたところ。

次の補助ツールが Krita で使えます:

種類

いくつかのタイプが Krita にはあります。ツールのオプションドッカーからアシストのタイプを選択できます。

楕円

楕円や円を描くアシストです。

このアシストは3つの点で成り立っています: 最初の二つが楕円の軸で、残りの一つが幅を決めます。

同心円

楕円と同じですが、同心状に円を作ることができます。

最初の二つのハンドルを掴みながら Shift キーを押すと、水平や垂直線上にスナップします。3つ目のハンドルを掴みながら Shift を押すと正円にスナップします。

パース

This ruler allows you to draw and manipulate grids on the canvas that can serve as perspective guides for your painting. A grid can be added to your canvas by first clicking the tool in the toolbar and then clicking four points on the canvas which will serve as the four corners of your grid.

../_images/Perspectivegrid.png

このグリッドはブラシに影響する'パース'センサーとして使うことができます。

The grid can be manipulated by pulling on any of its four corners. The grid can be extended by clicking and dragging a midpoint of one of its edges. This will allow you to expand the grid at other angles. This process can be repeated on any subsequent grid or grid section.

If you press the Shift key while holding any of the corner handles, they'll snap to one of the other corner handles, in sets. You can delete any grid by clicking on the cancel button at its center. This tool can be used to build reference for complex scenes.

定規

このグループには3つのアシストがあります:

定規

2点の間に直線を作る。

無限定規

キャンバス上の2点を超えた直線を推測します。

平行定規

この定規で2点に平行な線をキャンバス上のどこでも描くことができます。

最初の二つのハンドルを掴みながら Shift キーを押すと、水平や垂直線上にスナップします。

スプライン

This assistant allows you to position and adjust four points to create a cubic bézier curve. You can then draw along the curve, snapping your brush stroke directly to the curve line. Perfect curves every time!

最初の二つのハンドルを掴みながら Shift キーを押すと、水平や垂直線上にスナップします。3つ目や4つ目のハンドルを掴みながら Shift キーを押すと、近いハンドルにスナップします。

消失点

地平線によく使われる、消失点を作るアシストです。目安の線が引かれこの線に沿って描く線がスナップします。

1点と4つの補助点に沿わせて消失点が作られます。

アシストツール と一緒に作られ操作します。

中央のハンドルを掴みながら Shift キーを押すと、それまであった場所に基づいて水平や垂直線上にスナップします。

バージョン 4.1 で変更: 消失点アシストはまた複数の線が表示されます。

作ったばっかりや、消失点アシストを動かしたばかりの状態では選択されています。つまり アシストツール のツールオプションで表示される線の量を編集する事ができます。

魚眼レンズ視点

消失点アシストのように、このアシストは三次元空間の平行線ごとに設定します。効果的に使うには二つ使い、二つ目を一つ目から90度の角度にし、両方の中心に消失点を追加します。または平行定規と消失点を組み合わせるか、消失点を二つ使っても良いでしょう。可能性はとても大きいです。

このアシストは消失点間で操作/スナップするだけでなく、アシストの左右関係をも感じさせてくれます。パノラマのような極端な場合でも簡単に使うことができます。

最初の二つのハンドルを掴みながら Shift キーを押すと、水平や垂直線上にスナップします。3つ目のハンドルを掴みながら Shift を押すと正円にスナップします。

二点透視図法

バージョン 5.0 で追加.

This assistant simplifies the setup of a two point perspective by putting the two vanishing points and the parallel vertical ruler into one single assistant. This allows it to draw a grid of squares. It requires 3 points at minimum: 2 for perspective, and the final for the mid-point of the vanishing points, which controls how the grid is drawn.

Density

An extra option in the tool options, this controls how dense the grid is.

Enable Vertical Ruler

This allows you to disable the vertical ruler, so that the assistant is only two vanishing points and a grid.

../_images/Assistants_2_pointperspective_03.png

In the above image, a two point perspective with an area limiter is enough to draw an indoor area. The assistant is colored blue here.

チュートリアル

掘り下げたチュートリアルをここで見てみてください。https://www.youtube.com/watch?v=OhEv2pw3EuI

Setting up Krita for technical drawing-like perspectives

ここまで Krita が提供する幅広いアシストを見てきました。技術的に描くために Krita のアシストを使う例がこちらです。

下のチュートリアルは技術的な視点で特定のタイプにアシストを設定するのに良いヒントが得られるでしょう。

代わりに true projection をする場合は、the projection category を見てください。

正射影

正射影は何かを左や正面から見ようとするモードです。透視投影とは違い典型的にはすべてのものがそれぞれ同じサイズになります。

ここで鍵となるアシストは平行定規です。水平か垂直にセットし、常にグリッドにアクセスできるようになります。

軸測投影

これらすべては3つの平行定規を使って作られました。

../_images/Assistants_oblique.png
斜投影

斜投影には二つの平行定規を水平と垂直にセットし、一つに角度を付けて奥行きを表現します。

../_images/Assistants_dimetric.png
等角投影と二等角投影

Isometric perspective has technically all three rulers set up at 120° from each other. Except when it's game isometric, then it's a type of dimetric projection where the diagonal values are a 116.565° from the main. The latter can be easily set up by snapping the assistants to a grid.

../_images/Assistants_trimetric.png
斜方投影

すべての角が少しずつ異なります。しばしば若干角度の付いた等角投影にも見えます。

線遠近法

../_images/Assistants_1_point_perspective.png
一点透視図法

1消失点を使った一点透視図法と、二つの交差する平行定規です。

../_images/Assistants_2_point_perspective.png
二点透視図法

A 2 point perspective is set up using 2 vanishing point and 1 vertical parallel ruler. Often, putting the vanishing points outside the frame a little can decrease the strength of it. You can also use a 二点透視図法 Ruler to set this one up very quickly.

../_images/Assistants_2_pointperspective_02.png ../_images/Assistants_3_point_perspective.png
三点透視図法

三点透視図法は3つの消失点を使ってセットします。

消失点の理論

遠近法チュートリアルが必ずしも説明しない小さい秘密があり、それは消失点は二つの平行線が必ずぶつかる場所であるということです。つまり一点透視図法と二点透視図法は仮想的には同じです。

少し実験して確かめてみましょう。古くからある良い問題: 線路を描くことです。

../_images/Assistants_vanishing_point_logic_01.png

おそらくこの問題は身に覚えがあるでしょう: 透視投影で近くに見えてしまう、次の枕木をどこに置けば良いのか。

典型的な答えは真ん中と対角線に線を引くことです。結局、これらの線は平行で、全く同じ距離が使われています。

../_images/Assistants_vanishing_point_logic_02.png

しかし平行であることにより、代わりに消失点アシストを使って、調整ハンドルを枕木の対角線上と、水平に沿わせます(ここに赤でマークしたところです)。

対角線はこれで枕木の場所を決めるのに使えるようになりました。

../_images/Assistants_vanishing_point_logic_03.png

Because any given set of lines has a vanishing point (outside the ones flat on the view-plane), there can be an infinite amount of vanishing points in a linear perspective. Therefore, Krita allows you to set vanishing points yourself instead of forcing you to only use a few.

魚眼レンズ視点

魚眼パースはほとんど線遠近法のように振舞いますが、魚眼遠近であることの大きな違いは、片側にそれぞれ、どの平行線の組み合わせも二つの消失点があることです。

設定するのに一番簡単な方法は一つを水平、もう一つを垂直の同じ場所に、最後の一つは間に消失点アシストを置くことです。

../_images/Fish-eye.gif

しかし半分のところに水平をもう片方の水平と同じ大きさにすることでもできます:

../_images/Assistants_fish-eye_2_02.png