お絵描きタブレット

ここはお絵描きタブレットについてのページです。それが何であるか、どう使うのか、それからどうおかしくなってしまうのか。

What are Tablets?

マウスで絵を描くのは非直感的で鉛筆と紙を使って描くのとは違います。さらに悪いことに、マウスの使い過ぎは手根管症候群の原因にもなります。なのでデジタルで描くほとんどの人はお絵描きタブレットとして知られる特別なハードウェアを使用します。

../_images/Krita_tablet_types.png

お絵描きタブレットはキーボードやマウスと同じようにパソコンに差して使う機械です。たいていはペン付きのプラスチックの板のように見えます。もう一つポピュラーな形は画面に直接描いて使うペン付きのコンピュータモニターです。これらはペンで自然に描け手首にも優しいためマウスを使うよりも良いです。

ペンタブレットを正しくインストールすれば、Krita は筆圧感度といった情報を扱うことができ、圧力に応じて筆跡を大きくしたり小さくしたりでき、よりリッチで面白いストロークになります。

注釈

時々、人々は指でタッチするパネルを正しいタブレットだと勘違いします。違いはお絵描きタブレットのペンはたいていとがった先が付いていて、指先を使うものは指のような大きいゴム状の丸い先がついています。こうしたものはあまり良い結果にならないでしょうから筆圧感知タブレットが推奨されます。

../_images/Krita_tablet_stylus.png

サポートされているタブレット

Supported tablets are owned by Krita developers themselves, so they can reliably diagnose and fix bugs. We maintain a list of those here.

If you're looking for information about iPad or Android tablets, look here.

ドライバと筆圧感度

So you have bought a tablet, a real drawing tablet. And you want to get it to work with Krita! So you plug in the USB cable, start up Krita and... It doesn’t work! Or well, you can make strokes, but that pressure sensitivity you heard so much about doesn’t seem to work.

これは「ドライバ」と呼ばれるプログラムをインストールする必要があるからです。たいていドライバはタブレットと一緒についてきた CD にあるか、メーカーのウェブサイトに載っています。インストールしに行って、しばらく待つ間に、それについて詳しく見てみましょう!

Running on your computer is a basic system doing all the tricky bits of running a computer for you. This is the operating system, or OS. Most people use an operating system called Windows, but people on an Apple device have an operating system called macOS, and some people, including many of the developers use a system called Linux.

これらすべてのシステムの基本原理は同一です。Krita のようなソフトウェアを、コンピュータ上で動かし、Krita にペンタブレットのようなハードウェアと通信がしたい。でもこの二つが通信をするのはとても難しく - そこでオペレーティングシステムの出番で、接着剤を使うように二つをつないでくれます。

Krita を起動するたび、Krita は最初にオペレーティングシステムと接続し、たくさんの物事を頼みます: 表示させる事だったり、メモリを使うことだったり、などです。最も重要なのは、タブレットから情報を得ることです!

../_images/Krita_tablet_drivermissing.png

But it can’t! Turns out your operating system doesn’t know much about tablets. That’s what drivers are for. Installing a driver gives the operating system enough information, so the OS can provide Krita with the right information about the tablet. The hardware manufacturer's job is to write a proper driver for each operating system.

警告

Because drivers modify the operating system a little, you will always need to restart your computer when installing or uninstalling a driver, so don’t forget to do this! Conversely, because Krita isn’t a driver, you don’t need to even uninstall it to reset the configuration, just rename or delete the configuration file.

どうおかしくなるの: Windows

Krita はドライバがインストールされていれば自動でタブレットと接続します。何かおかしくなれば、たいてい問題は Krita ではありません。

Surface Pro tablets need two drivers

Certain tablets using n-trig, like the Surface Pro, have two types of drivers. One is native, n-trig and the other one is called Wintab. Since 3.3, Krita can use Windows Ink style drivers, just go to Settings ‣ Configure Krita... ‣ Tablet Settings and toggle the Windows 8+ Pointer Input (Windows Ink) there. You don't need to install the Wintab drivers anymore for n-trig based pens.

Windows 10 更新

Windows 10の更新がタブレットドライバをおかしくさせてしまうことがあります。その場合は、ドライバを再インストールすると動くはずです。

Wacom Tablets

There are three known problems with Wacom tablets and Windows.

1つ目はドライバ設定をカスタマイズし、時々、必要ないにも関わらず、ドライバ更新をした後で、ドライバが壊れます。ドライバを設定を既定にリセットしバックアップから復元するとこの問題は解決します。

2つ目はどういうわけかディスプレイの優先順位を変更する必要があります。Cintiq をプライマリにするか、逆にセカンダリにしなければなりません。Wacom 設定ユーティリティから Cintiq が Cintiq 画面に関連付けられているかを再チェックします。

The third is that if you have a display tablet like a Cintiq and a Wacom ExpressKeys remote, and you have disabled Windows Ink in the calibration page of the stylus settings dialog, so you have the full set of Wintab features, the Cintiq needs to be the first item in Wacom's desktop application list. Otherwise, you will have an offset between stylus and mouse that will get worse the more displays there are to the left of the Cintiq display.

壊れたドライバ

タブレットドライバはメーカーによって作られなければなりません。時々、本当に安物のタブレットでは、ハードウェアは問題ないのですが、ドライバが酷く書かれていて、ただただうまく動きません。これについては悲しいことに私たちには何もできません。このことでメーカーに不満を送るか、良い品質のドライバが付いた良いタブレットを買わなければなりません。

ドライバの競合

On Windows, you can only have a single Wintab-style driver installed at a time. So be sure to uninstall the previous driver before installing the one that comes with the tablet you want to use. Other operating systems are a bit better about this, but even Linux, where the drivers are often preinstalled, can't run two tablets with different drivers at once.

妨害ソフト

Sometimes, there's software that tries to make a security layer between Krita and the operating system. Sandboxie is an example of this. However, Krita cannot always connect to certain parts of the operating system while sandboxed, so it will often break in programs like Sandboxie. Similarly, certain mouse software, like Razer utilities can also affect whether Krita can talk to the operating system, converting tablet information to mouse information. This type of software should be configured to leave Krita alone, or be uninstalled.

次のソフトウェアが Krita がタブレットイベントを取得するのを妨害すると報告されています:

  1. Sandboxie

  2. Razer mouse utilities

  3. AMD Catalyst:sup:TM “ゲームモード” (右クリックが壊れることがあります)

フリック入力 (ビジーカーソルが出てポップアップパレットが呼び出されます)

Windows 上でもし描こうとしてるのにポップアップパレットが出る症状があるなら、問題はフリック入力でしょう。Windows の機能で動きをキーボードショートカットに置き換える、特定のジェスチャーがあります。Windows のこの部分を作った人がコンピュータで絵を描く人もいることを失念していて、タブレットドライバをインストールすると Windows は自動でこの機能をオンにします。なのでフリック入力設定からオフにする必要があります。

Wacom ダブルクリック距離 (線が直線で始まる)

If you experience an issue where the start of the stroke is straight, and have a Wacom tablet, it could be caused by the Wacom driver double-click detection.

これを直すには、Wacom 設定ユーティリティに行ってダブルクリック距離を下げます。

サポートされているタブレット

サポートされているタブレットは Krita 開発者自身が持っているものです。これによりバグ修正も十分行えます。一覧