Introduction to Krita coming from Paint Tool SAI

これ Krita でどうやるの?

This section goes over the functionalities that Krita and Paint Tool SAI share, but shows how they slightly differ.

キャンバスガイド

Krita, just like SAI, allows you to flip, rotate and duplicate the view. Unlike SAI, these are tied to keyboard keys.

ミラー

反転は M キーに紐づけられています。

回転

色々なやり方があります: 46 キー、または Ctrl + [Ctrl + ] ショートカットで15度ずつ左か右に回転します。より洗練された回転には Shift + スペース + ドラッグシフト + mousemiddle + ドラッグ ショートカットを使用します。回転をリセットするには 5 キーを押します。

ズーム

+-、または Ctrl + mousemiddle ショートカットを使ってズームアウト/インすることができます。12 または 3 キーでズームをリセット、ページに合わせてズーム、またはページ幅に合わせてズームします。

素早く画像全体を見渡すには 設定 ‣ ドッキングパネル にあるキャンバスプレビュードッカーが使えます。

You can also put these commands on the toolbar, so it'll feel a little like SAI. Go to Settings ‣ Configure Toolbars... menu item. There are two toolbars, but we'll add to the Main Toolbar.

それから、左の列に何か入力して検索します。例えば、「元に戻す」などです。「元に戻す」アクションを選択して右にドラッグします。右のアクションを選択して、テキストを変更 をクリックします。アイコンにツールバーがアクションを表示したときにテキストを隠す を切り替えるとテキスト表示をなくせます。それから OK を押します。右が終わったら、元に戻す が保存とグラデーションアイコンに挟まれているはずです。

You can do the same for Redo, Deselect, Invert Selection, Zoom out, Zoom in, Reset zoom, Rotate left, Rotate right, Mirror view and perhaps Smoothing: basic and Smoothing: stabilizer to get nearly all the functionality of SAI's top bar in Krita's top bar. (Though, on smaller screens this will cause all the things in the Brushes and Stuff Toolbar to hide inside a drop-down to the right, so you need to experiment a little).

選択を隠す回転をリセット は現在ツールバー設定では使えません。ショートカット Ctrl + H5 を使う必要があります。

注釈

Krita 3.0 は今現在ツールバーのテキスト変更には対応していません。現在開発中です。

右クリックカラーピッカー

これは 設定 ‣ Krita の設定... ‣ キャンバス入力設定 ‣ ツールの一時切り替え で設定できます。guilabel:統合した画像から背景色を抽出 の前の Ctrl + mouseleft ショートカットが書かれた項目をダブルクリックすれば mouseright でウィンドウが出るようになります。

注釈

Krita 3.0 actually has a Paint-tool SAI-compatible input sheet shipped by default. Combine these with the shortcut sheet for Paint tool SAI to get most of the functionality on familiar hotkeys.

スタビライザー

This is in the tool options docker of the freehand brush. Use Basic Smoothing for more advanced tablets, and Stabilizer is much like Paint Tool SAI's. Just turn off Delay so that the dead-zone disappears.

透過

So one of the things that throw a lot of Paint Tool SAI users off is that Krita uses checkers to display transparency, which is actually not that uncommon. Still, if you want to have the canvas background to be white, this is possible. Just choose Background: As Canvas Color in the new image dialogue and the image background will be white. You can turn it back to transparent via Image ‣ Image Background Color and Transparency... menu item. If you export a PNG or JPG, make sure to uncheck Store alpha channel (transparency) and to make the background color white (it's black by default).

../../_images/Krita-color-to-alpha.png

Like SAI, you can quickly turn a black and white image to black and transparent with the Filter: Color to Alpha dialog under Filters ‣ Colors ‣ Color to Alpha... menu item.

ブラシ設定

もう一つ面白くも勘違いされているのは、Krita のブラシエンジンはそんなに複雑ではないと思われていることです。結局、トップバーからはサイズや流量、不透明度だけを変えることができます。

This is not quite true. It's rather that we don't have our brush settings in a docker but a drop-down on the toolbar. The easiest way to access this is with the F5 key. As you can see, it's actually quite complex. We have more than a dozen brush engines, which are a type of brush you can make. The ones you are used to from Paint Tool SAI are the Pixel Brush (ink), The Color Smudge Brush (brush) and the filter brush (dodge, burn).

塗りブラシ作成の例としてピクセルブラシが挙げられ、不透明度と流量で ペンの設定を有効化する のチェックを外し、オプションリストのサイズ以外のすべてからチェックを外します。それからブラシ形状でタブの 自動 を選び、ブラシアイコン下のアンチエイリアスをオンにして減衰を 0.9 にします。そして最後に描点間隔を「自動」 にして数を 0.8 に設定します。

ブラシの隅々まで細かい設定ができ、まとめて他の人と共有することができます。パックとブラシのインポートは 設定 ‣ リソースを管理... から行え、.bundle.kpp ファイルをインポートすることができます。

消去

Erasing is a blending mode in Krita, much like the transparency mode of Paint Tool SAI. It's activated with the E key, or you can select it from the Blending Mode drop-down box.

合成モード

Krita has a lot of Blending modes, and thankfully all of Paint Tool SAI's are amongst them except binary. To manage the blending modes, each of them has a little check-box that you can tick to add them to the favorites.

Multiple, Screen, Overlay and Normal are amongst the favorites. Krita's Luminosity is actually slightly different from Paint Tool SAI's, and it replaces the relative brightness of color with the relative brightness of the color of the layer.

SAI's Luminosity mode (called Shine in SAI2) is the same as Krita's Luminosity/Shine (SAI) mode, which is new in Krita 4.2.4. The SAI's Shade mode is the same as Color Burn and Hard Mix is the same as the Luminosity and Shade modes.

レイヤー

アルファをロック

これはそれぞれのレイヤーの隣にあるチェッカーボックスアイコンです。

クリッピンググループ

Krita のクリッピングマスクではすべての画像を一つのレイヤーに収める必要があり、それから 'a' アイコンを押すか、Ctrl + Shift + G ショートカットを押します。

インクレイヤー

これは Krita のベクターレイヤーで、テキストも扱えます。

マスク

These grayscale layers that allow you to affect the transparency are called transparency masks in Krita, and like Paint Tool SAI, they can be applied to groups as well as layers. If you have a selection and make a transparency mask, it will use the selection as a base.

レイヤーの消去

これは 編集 ‣ クリア にありますが、単に Del キーを押すこともできます。

二つの色を混ぜる

If you liked this docker in Paint Tool SAI, Krita's Digital Color Selector docker will be able to help you. Dragging the sliders will change how much of a color is mixed in.

Krita を使うと他に何があるの?

より多くのブラシカスタマイズ

ブラシ設定エディタはもうお判りでしょう。スケッチブラシ、グリッドブラシ、変形ブラシ、複製ブラシ、テクスチャを使うブラシ、傾き、回転や速度に反応するブラシ、広がるブラシや色を変えるブラシ。Krita での選択肢はかなり多いです。

色の違う選び方

HSV スライダー、RGB スライダー、色相環の中の三角形はあります。しかしまた HSI、HSL や HSY' スライダー、CMYK スライダー、パレット、円形セレクタ、四角形セレクタ、小さいセレクターや大きいセレクター、色履歴と影セレクタもあります。設定 ‣ Krita の設定を変更... ‣ 色選択の設定 ‣ 色選択タブ に行き、ドッカー: ドロップダウンボックスのオプションを選択して、メインで使う色選択の形とタイプを変更します。

../../_images/Krita_Color_Selector_Types.png

色履歴は H キーで、通常使う色は U キーで、影選択は Shift + NShift + M ショートカットで呼び出せます。大きなセレクタはキャンバス上で Shift + I ショートカットで呼び出すことができます。

図形ツール

円、多角、パス、Krita ではこれらを簡単に描くことができます。

マルチブラシ、ミラーシンメトリとラップアラウンド

これらのツールで素早く左右対称画像、マンダラやタイル状のテクスチャを描くことができます。背景と抽象模様に便利です。

../../_images/Krita-multibrush.png

アシスト

ブラシをスナップすることができるパース、同心円といった補助が使えます。

Krita's vanishing point assistants in action.

Krita の消失点補助を使ってみたところ。

レイヤーのロック

南京錠アイコンでレイヤーをロックすれば描けなくなります。

クイックレイヤー選択

R キーを押したまま絵の部分を押すと、Krita はカーソル下のレイヤーを選択します。大量のレイヤーを扱うときにとても便利です。

色管理

これで印刷用の準備作業をしたり、LUT ドッカーで画像をより分析する小技が使えます。例えば、LUT ドッカーを使って分けたビューの色をグレースケールにし、値をすぐに見ることができます。

../../_images/Krita-view-dependant-lut-management.png

洗練された変形ツール

ただ回転や拡大縮小するだけではなく、格子、ラップ、液化や変形ツールとマスクを使った非破壊変形もあります。

../../_images/Krita_transforms_recursive.png

フィルタ、非破壊フィルタレイヤーとマスク

カラーバランスやカーブといったフィルタで簡単に影レイヤーが作れます。実際フィルタレイヤーとレイヤーマスクを下に書いたものに直に適用できます。

../../_images/Krita_ghostlady_3.png

ポップアップパレット

既定で右クリックで出てくる円形のものです。タグを付けてブラシを管理し、ポップアップパレットに表示されるものを管理できます。また小さい色選択や色履歴もあり、直にブラシを切り替えることができます。

../../_images/Krita-popuppalette.png

What does Krita lack compared to Paint Tool SAI?

  • ベクター線の可変幅

  • レイヤーの選択ソースオプション

  • Dynamic hard-edges for strokes (the fringe effect)

  • No mix-docker

  • プリセットに関連付けられたスタビライザー

  • プリセットごとのホットキー

さいごに

この紹介で Krita に慣れて、使うのが楽しくなればと願います。