ブラシヒント:アニメーションブラシ

質問

ブラシを弄っていて"アニメーション"にするオプションがあるのに気が付きました。どういう意味でどうやって使うのですか?

基本的に、それは公式には‘イメージホース’と呼ばれるもので、とても面白いですよ。基本的に複数画像を持ったブラシ形状です。

典型的な作り方は最初に小さいキャンバスに、レイヤーごとに‘フレーム’を描くことです。

Krita Animated brush tip layer setup.

レイヤーサムネイルに Alt + mouseleft ショートカットを使うことでレイヤーを隠すことなく独立させることができます。

Animated brush tips isolated layers.

終わったらこんなひどい感じになります。

ブラシ設定(F5 キー)の定義済みブラシに行き、スタンプをクリックします。このようなウィンドウが現れます。

Predefined brush tips dialog.

それからスタイルを アニメーション にし選択モードを ランダム に設定します。

Krita は GIMP のイメージホース形式を使うため画像のランダム選択、角度による選択、筆圧による選択、インクリメンタル選択が可能になっています(私はコンスタントが何をするのか分かりません)。

Animated brush image dialog.

それから上のブラシと新しい葉のブラシ形状を選択します。

Result of an animated brush.

それで木を描きましょう!(例えば)

アニメーションブラシ形状を使うことでまた、例えば、剛毛ブラシ形状を剛毛から筆圧に基づいて不透明にすることで、ドライペイントブラシのようになります。これをするには上の説明のとおりですが、適応された筆圧に対応する異なるブラシの場所をそれぞれのレイヤーに作ります。