マニュアル用の画像

これは Saving For The Web のちょっとした拡張です。特にマニュアル用の画像の作成と、画像の最適化方法について扱います。

スクリーンショットを作成するツール

ところで、すべてのDockerとツールを使って画面の画像を作りたい場合、Saving For The Web はあまり役に立ちません。キャンバスの内容を保存するだけしか行いません!

代わりにスクリーンショットを作成します。オペレーティングシステムに応じて、いくつかのスクリーンショットユーティリティを使用できます。

Windows

Windows には標準のスクリーンショットツールがあります。デフォルトでは Print Screen キーです。ノートパソコンでは Fn キーの使用が必要な場合があります。

Linux

Gnome も KDE も、Print Screen キーを使用するとデフォルトで適切なスクリーンショットツールが表示されます。他の一般的なデスクトップ環境でも同様です。もし何らかの理由で使用できないなら

ImageMagick

imagemagick で、次のコマンドを使用することができます:

import -depth 8 -dither <filename.png>

さまざまなアクセシビリティの観点から、マニュアルにおける GIF の使用量を最小限に抑える必要がありますが、GIF や短い動画を必要とする場合もあるでしょう。さらに、GIF はリリースノートで機能を披露するのに非常に便利です。

短い GIF を作成するには、次のプログラムを使用できます:

  • Peek -- これは appimage と 非常に簡単なユーザーインターフェースを持っています。多くの画面キャプチャのプログラムと同様に Wayland で不具合が起こっています。

OS X

OS X のスクリーンショット用ホットキーは Shift+Command+3Apple 公式のマニュアル によるものです。

ジョブに適したファイル形式

画像の種類に応じて適切なファイル形式があります。最終的に、見栄えがよくファイルサイズの小さな画像を作成しましょう。なぜなら、マニュアルをダウンロードしたり、インターネットで参照するのが簡単になるからです。

GUI のスクリーンショット

これには PNG を使用します。可能な場合は GIF を使用してください。

べた塗りが多い画像。

これらは PNG を使用するべきです。

グレースケール画像

GIF か PNG を使用しましょう。

グラデーションの多い画像

JPG を使用しましょう。

透明度の高い画像。

これらは PNG を使用してください。

考え方は、それぞれがどのように色を保存するかです。JPEG は多くのグラデーションを持つ写真や画像に最適です。compresses differently しかし、コントラストは JPEG ではうまく扱えません。PNG はコントラストのはっきりした画像に適していますが、256色未満の色で使用できる GIF の方が、場合によっては適していることもあります。

グレースケール画像は、グラデーションのバリエーションが 多い場合でも、PNG でなければなりません。理由として、フルカラー画像を使用する場合には、画像に応じて、画像に応じて3~5桁の数値を使用し、これらの値のそれぞれが 256個の値のいずれかを含む可能性があります。JPEG やその他の「lossy(非可逆圧縮)」ファイル形式では、巧妙な心理的トリックを使って、画像がその内容を表示するために必要な値の量を削減しますが、 グレースケール画像を作成する場合は、明度だけが記録されます。明度は1つの数値で、256の値を持つことができます。これにより、不自然なアーティファクトが発生する可能性がある JPEG ではなく GIF または PNG を使用するほうが簡単です 。(そして、サイズももう少し小さい)

不明な場合は、PNG を使用してください。

画質とサイズの最適化

現在、ほとんどの画像エディタでは画像サイズの既定値を適切に設定しようとしていますが、特定のツールを使用することで、より小さくすることが可能です。

Windows

Windows で一般的に推奨されるツールは IrfranView ですが、この文書の著者はこのツールをどのように使うか知りません。

もう1つの選択肢は、Linux の項目で述べた PNGCrush を使用することです。

Linux

PNG の最適化

Linux で利用可能な PNG optimisation tools の一覧があります。次の2つのカテゴリがあります:Lossy (心理学的なトリックを使用)と Lossless (従来の方法でデータを圧縮)ただし、次の方法が推奨されます。

PNGQuant

lossy(非可逆圧縮) 技術を使用した PNG 圧縮プログラムで、使用される色の量をスマートに減らします。

PNGquant を使用するには、目的のフォルダに移動し、次のように入力します:

pngquant --quality=80-100 image.png

ここで、image は画像ファイル名に置き換えられます。Enter キーを押すと、圧縮された結果を含む新しい画像がフォルダに表示されます。PNGQuant はほとんどの画像に対して動作しますが、カラーセレクタなどの一部の画像ではうまく動作しないため、出力された画像が適切であるかどうかを必ずダブルチェックしてください。出力がうまくいかない場合は、次のいずれかのオプションを試してください:

PNGCrush

lossless(非可逆圧縮) PNG 圧縮プログラムの使い方:

pngcrush image.png imageout.png

これにより、最も一般的な方法で実行されます。-brute を追加すると他の方法をすべて使用して実行されます。

Optipng

PNGQuant 使用後に実行できるもう1つの lossless PNG 圧縮プログラムは、見たところ、png crush からフォークされたプログラムのようです。使い方:

optipng image.png

ここで、「image」はファイル名です。次に、OptiPNG はいくつかの圧縮アルゴリズムを試行し、最適化されたバージョンで image.png ファイルを 上書き します。「--out imageout.png」コマンドを追加することで上書きを回避することができます。

JPEG の最適化

いまのところ、JPEG は適切に最適化するのが非常に困難とされています。その理由は JPEG が lossy file format で、データを格納するために心理的トリックを使っているからです。

しかし、文字のようにコントラストが強い画像では、このようなトリックは非常に悪目立ちします。さらに、編集しては保存を何度も繰り返すことでも画質が悪くなっていきます。したがって、編集可能な場所に lossless 形式の画像が存在し、最終的な結果のみが JPEG 形式で圧縮されるようにしてください。

MacOS/ OS X

  • ImageOptim -- PNGquant や gifski のような コマンドラインツールの GUI 仕様プログラムです。

ファイルの metadata を編集

ときどき、個人情報が画像ファイルに埋め込まれることがあります。また、より良い文書化のために、ファイルに情報を埋め込みたい場合もあります。

metadata の処理方法は3~4種類以上あり、特定のファイルでは metadata の処理方法がいくつか存在します。

metadata を編集するのに最もよく使われるツールは、ExifTool で、もう一つは ImageMagick です。

Linux

Linux では exiftool を別の方法でインストールできます。

Debian/Ubuntu

sudo apt-get install libimage-exiftool-perl

Metadata の確認

ディレクトリを画像が置いてあるフォルダに変更し、次のように入力します:

exiftool image

ここで「image」は確認するファイル名です。フォルダで exiftool と入力するだけだと、そのフォルダにあるファイルに関する情報がすべて出力されます。いくつかの画像の情報をよく見ると、作成者または作成場所の metadata が含まれていることがわかります。この情報はプライバシーに関して時々問題になることがあり、すべての metadata が削除される主な理由にもなります。

また、情報の取得に ImageMagick's identify:: を使用することもできます。

identify -verbose image

Metadata の削除

例として image.png から metdata を削除するには、次のようにします:

ExifTool

exiftool -all= image.png

これにより、exiftool が取得できるすべてのタグが削除されます。また、exiftool -author= image.png のように特定のタグ (この場合、author タグ)だけを削除することもできます。

OptiPNG

optipng -strip image.png This will strip and compress the png file.

ImageMagick

convert image.png --strip

metadata の抽出

すべての metadata 情報を削除する前に、ICC プロファイルのような metadata を抽出したい場合があります。抽出を行うには、画像のプロファイルタイプを変換します:

ImageMagick's Convert

まず、次のように変換して metadata をプロファイルに抽出します:

convert image.png image_profile.icc

次に元ファイルを削除し、プロファイル情報を再度追加します:

convert -profile image_profile.icc image.png

Description metadata の埋め込み

Description metadata is really useful for the purpose of helping people with screenreaders. Webbrowsers will often try to use the description metadata if there's no alt text to generate the alt-text. Another thing that you might want to embed is stuff like color space data.

ExifTool

ImageMagick

exif の情報を設定する:

convert -set exif:ImageDescription "An image description" image.png image_modified.png

記述用の PNG チャンクを設定する:

convert -set Description "An image description" image.png image_modified.png

License metadata の埋め込み

特定の方法で license metadata を埋め込むことは、画像に対して恒久的に目印を付けることができるので、非常に便利です。しかし、誰かがその画像を別のウェブサイトにアップロードすると、metadata が imagemagick で削除される可能性が非常に高くなります。

プロパティを使用する

dcterms:license を使用すると、ライセンスが明確なドキュメントを定義できます。

ImageMagick

GDPL を定義する場合:

convert -set dcterms:license "GDPL 1.3+ https://www.gnu.org/licenses/fdl-1.3.txt" image.png

これにより、短縮名とライセンステキストが定義されます。

Creative Commons BY-SA 4.0を定義する場合:

convert -set dcterms:license "CC-BY-SA-4.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0/" image.png

プロパティを使用する際の問題はライセンスを定義する標準的な方法ではないことです。パソコンがこれらのプロパティを読み取れない場合があるかもしれないということです。

XMP を使用する

クリエイティブ・コモンズのウェブサイトは このために XMP を使用すること を提案しています。ライセンスを選択する際に、適切な XMP ファイルを生成するよう Creative Commons License に依頼することができます。

exiftool 用の XMP タグ が使用する場合に必要です。

そして、次のように使用します:

exiftool -Marked=true -License="https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0" -UsageTerms="This work is licensed under a <a rel="license" href="https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0/">Creative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 International License</a>." -Copyright="CC-BY-SA-NC 4.0" image.png

マーキングの方法はこのようなものもあります:

exiftool -Marked=true -License="https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0" -attributionURL="docs.krita.org" attributionName="kritaManual" image.png
imagemagick ではプロファイルのオプションを使用できます。

最初にデータを抽出します(存在する場合):

convert image.png image_meta.xmp

次に結果のファイルを修正し、画像データを埋め込みます:

convert -profile image_meta.xmp image.png

The XMP definitions per license. You can generate an XMP file for the metadata on the creative commons website.